初のクレジットカードでの買い物はパソコンでした

クレジットカードを持つようになったのは、20歳になってからです。
高校卒業後は正社員として就職し、収入も安定していた事から、成人になった自分へのお祝いみたいな感じで作る事にしました。

そんな経緯で作ったカードですから、最初に使うならば自分の欲しい物を買おうと決めていたのです。
しかし、具体的に何を買うかまでは決めていなかったので、いざその瞬間になると迷ってしまいました。

服やバッグや財布など、普段身に着けるものは、いつも通りすぎて特別感がない……。
思い切ってどこか旅行に!……と思っても、基本的に土日祝日や大型連休しか行けず、そういう時ってどこも激混み……。
せっかくだから、家族で食事に……とも思いましたが、母と妹が不定休なので、休みのタイミングも合わず……。

あれやこれやと考えている矢先に、ある出来事が起こりました。
当時、Windows XPのサポート終了が発表され、Windows7への移行が推奨されるようになりました。
私が使っているパソコンもXPでしたので、ちょうど良いタイミングだった事もあり、買い替える事にしました。

ちなみに、比較的安価だけど容量が小さめのノートパソコンでしたが、せっかくなので思い切って高性能のデスクトップ型を購入する事にしました。
自分専用なので、完全に自分の好みで選ぶ事ができます。
私は昔からゲームを嗜むタイプなので、ハイスペックのゲーミングパソコンも考えました。
でも、仕事でも使う事があると考えると、やはり最新型の一般的なパソコンで落ち着きました(笑)
それでも、大満足でしたね~。
今までとは比べものにならないくらい性能が良くなり、とても快適に使えるようになりました。

現在は、Windows8もしくは8.1が主流になっており、Windows7は過去の産物になってしまいました。
でも、20歳の記念に初めてカードで購入した思い入れのあるパソコンなので、可能な限りは使っていく予定です。
今まで何回も深刻なエラーに見舞われましたが、その度に買い替えではなく修理に出し、使い続けてきました。

そんなわけで、カードでの初めての買い物はパソコンとなりました。

カードも家族で特典を受けられる

つい最近、「家族カード」なるものの存在を知りました。
その名の通り、家族で同じ種類のカードを持つ事によって、さまざまな特典が受けられるというシステムです。

家族の誰か、例えば一家の大黒柱である夫が本会員となり、妻が同じカードを作って家族会員となった場合、家族会員の特典が受けられるわけです。
これは非常にお得だと思います。
何せ、本会員であれば、普段の特典に加えて家族会員の特典も受けられるのですから、ダブルでお得という事になります。

私が利用しているカードの場合、本会員のカードのポイントを、家族会員のカードに移す事も可能なんだそうです。
これって、一般的にはできない事ですよね。
たとえば、本会員である夫のカードに貯まっていた500ポイントを、家族会員である妻のカードに移せるというわけです。
これで、家計を預かる身の妻は、さまざまな場所でポイントを利用して、うまくやりくりする事ができるようになるのです。
同じく家計を預かっている私としては、この特典は非常に魅力を感じます(笑)

さらに、毎月の引き落としも、一般的には各個人の口座から引き落とされますが、家族会員になっていると本会員の口座からまとめて引き落とされるため、支払い確認が楽になります。
誰がいくら使ったかは、必ず明細が送られてくるので、ごっちゃになる事もないでしょう。

こうして見ると、家族カードはメリットが多いので、ぜひ利用したいと考えています。
ところが、我が家の場合、私が使っているカードと夫が使っているカードは別企業のものなので、現状のままでは家族会員にはなれません……(汗)
どちらかが同じ企業に乗り換えるという方法もありますが、今のカードは今のカードでそれなりにポイントが貯まっているので、なんだかもったいないです。

もし何らかの理由で別のカードを作る機会に恵まれた時は、夫が使用しているものと同じカードを作ろうと思います。
もしくは、現在小学生の子どもたちが、将来同じカードを作ってくれるのを期待するとか……(笑)

専業主婦でもカードを作れる時代

私の友人は、出産を機に仕事を辞めて現在は専業主婦です。
そんな彼女が、つい先日クレジットカードを作ったそうです。

個人的に、クレジットカードの審査は厳しく、安定した収入がなければ作れないと思っていました。
実際、私もクレジットカードを作ったのは、就職してからです。
一応学生時代はアルバイトをしていましたが、収入が安定しているというわけではないので審査は通らないだろうと思い、申請さえしませんでした。

でも、企業によっては、専業主婦でもクレジットカードを作る事は可能なんだそうです。
もちろん危ない企業ではなく、法的にも問題なく使える、きちんとしたカードです。
それを聞いて、「時代は変わったんだなぁ」と思いつつ、自分の知識の浅さを知りました(笑)
専業主婦の場合、夫が安定した収入を得ている事が多いので、審査が通りやすいのだそうです。
今は本人に収入があるか関係なく、「支払えるかどうか」が審査のポイントになっている、という事でしょうか。

興味が出てきたのでいろいろ調べていたところ、一応、支払い能力さえあれば無職であってもクレジットカードを作る事はできるそうです。
テレビのCMなどで頻繁に見かけるような大手企業だと、やはり審査が厳しいそうですが……。
家系を預かる主婦としては、やりくりが厳しい時もありますからね。

特に、友人のように小さい子どもを抱えていて、働きに出る事が難しい人も大勢いるのが現実です。
そういう人でも、気軽に使えるクレジットカードがあるのは、とてもありがたい事でしょう。
生活費だけではなく、冠婚葬祭などの費用や、子どものための費用など、出費の機会は何かと多いですからね。
時には、想定外に多額の出費があるので、そういう時の「救世主」は必要だと思っています。

友人いわく、「使いすぎると怖いから、普段は財布に入れず家に置いてある」との事でした。
本当に、いざという時のための存在なので、日常的に使わないようにしているそうです。

クレジットカードの審査

私が初めてクレジットカードを作ったのは、就職して間もない頃でした。
「クレジットカードは審査が厳しい」と周りから言われていたので、安定した収入が得られるようになってから作ろうと決めていたのです。
それまでも、クレジットカードを作ろうと思ったタイミングは何度もありましたが、アルバイトの収入では厳しいかなぁ、と思い断念しました。

しかし、正社員のような安定した収入でなくとも、クレジットカードを作る事自体は可能なんですね。
そういえば、大学時代の友人たちも、学生アルバイトの身ながらクレジットカードを持っている人が何人かいました。
場合によっては、アルバイト程度の収入でも審査が通る事ってあるみたいです。

そして、よく言われているのが、専業主婦でもクレジットカードが作れるかどうか。
大手会社の場合だと、なかなか難しいかもしれません。
でも、たとえば夫が安定した収入を得られていて、支払いの見込みがある場合は、審査が通る事もあると聞きました。
「クレジットカードの審査は厳しい」という時代は、過ぎ去りつつあるのかもしれません。

でも、私はまだ独身だし、実家を出て一人暮らしをしているので、やはり自分自身の力で支払っていかなければいけません。
クレジットカードに依存しすぎて、支払いができなくなってしまったという体験談を何度も耳にしてきたので、自分はそうならないようにしようと心に決めています。

もちろん、クレジットカードはとても便利なので、お世話になる機会は多いです。
携帯電話料金の支払い、水道光熱費の支払い、車のガソリン代の支払い、家電製品など額が大きい買い物の支払い。
ぱっと思いつくだけでも、意外とカード支払いを選んでいる場面が多い事に今更気が付きました(笑)
通販の代表的な支払い例の1つでもありますが、ここ数年でオンラインでの情報流出がよくニュースになっているので、余程必要でもない限りは別の方法をとっています。

そういえば、今使っているパソコンも、クレジットカードで支払いしたものです。
さすがに、約16万の現金を持ち歩く勇気はありませんでした。